初めての不動産売却を成功させよう|ビギナー脱出

男性

空室リスクの対策

電卓と硬貨

アパート経営やマンション投資は、投資初心者でも始めやすい商品です。しかし、空室や家賃滞納などのトラブルもあるので、しっかり対策をする必要があります。このようなリスクを回避できる方法が、一括借り上げです。一括借り上げとは、投資用物件を不動産会社が借り上げて、その物件を他人に貸し付けるというものです。一括借り上げを利用すれば、不動産会社が全て借り上げてくれるので、安定して家賃収入を得ることができるのです。手数料が取れられるので、家賃収入は少なくなるのですが、空室リスクは効果的に避けることができます。アパート経営やマンション投資で起こるリスクとして、家賃滞納や値下げなどもあります。家賃の督促や集金というのは、ノウハウが必要になるので、投資初心者が行なうのはとても大変です。特に数ヶ月滞納が続いてしまうと、さまざまな業務が必要になります。一括借り上げを行なえば、このようなことも全て不動産会社が行なってくれるので安心して任せることができます。

一括借り上げを利用する際は、家賃の値下げに注意しておいたほうが良いです。一括借り上げをした場合、家賃の見直しが行われます。そのため、契約当初の家賃よりも下がってしまうこともあるのです。家賃が下がるということは、収入も少なくなるのです。場合によっては、ローンの返済が難しくなる可能性もあります。また、不動産会社が一方的に解約通知をすることもあります。今まで一括借り上げしていた投資物件が急に解約されてしまうと、空室リスクの対策も難しいですし、トラブル対応もできなくなってしまいます。このような事態を避けるために、信頼できる不動産会社を利用したほうが良いです。